幸せを運ぶ”てんとう虫”で評判のコスメ『LB(エルビー)』がメイクアップにかけた想い。

20代の女性を中心に、幸せを運ぶ”てんとう虫”のマークで話題のプチプラコスメ「LB(エルビー)」。
圧倒的安さで、高品質のLBブランドができた背景には、どんな想いがあったのでしょうか?


今回、普段あまり知らない化粧品開発の裏側や開発に込められた想いを、「LB」を展開する株式会社アイケイの広報担当である花沢さんにお話をお伺いしました。

創業39周年続く理念「ファンつくり」

まずはじめに御社についてお聞かせください。
 御社の成り立ちや事業内容など、どういった会社か教えてください

弊社は株式会社アイケイと申しまして、本社のある名古屋をはじめ、東京に事務所を構え、先月の6月でおかげ様で創業39周年を迎えました。

アイケイの社名の由来は、現会長の飯田の「I(アイ)」と、今はもう退任されておりますが、共同創業者である鬼頭「K(ケイ)」の頭文字をとって「I・K(アイケイ)」いう社名がつけられています。

もともと、創業時は、日本生活協同組合連合会でカタログの代行運営として展開させていただいておりましたが、それがいつしか物を作り、紙面の作成、物流に直接配送させていただいたりと、企画立案からカスタマーサービスまで全て弊社の方で請け負わえせていただくような形になりました。

今では、複数のグループ会社を設けておりまして、韓国コスメで有名な”SKIN FOOD(スキンフード)”を展開する株式会社フードコスメであったり、TVショッピングで有名な”プライムダイレクト”、また”LBコスメ”は国内のみならず、香港と上海に子会社を設けて、海外でも展開させていただいております。

 

幅広く展開されてきた御社では、どういった事を大切にされてきたのでしょうか?

弊社の経営理念である「ファンつくり」を従業員一同モットーにしております。

アイケイに関わる全ての人たちに”ファン”になってもらう

社員が会社を好きじゃないとお客さんに商品をご提案する時に愛を持って説明ができません。また、お取引をいただいている企業様やご購入いただいているお客様にもアイケイをファンになってもらうように日々心がけています。

例えば、ご来社いただくお客様には、サプライズで季節の飲み物をご用意させていただいたり、営業がクライアント先にご商談させていただく際にも、季節のおもてなしをお渡しさせていただいたりします。
また営業だけではなく、直接お客様とやり取りをさせていただく社内の担当者も、お客様により社内の人間を理解していただくために部署単位で▲▲事業部◆◆担当の◯◯ですといった、顔写真付きの自己紹介ブックをお渡しさせていただいたりします。
いつもお電話してもらっている◯◯は、こういうものですみたいな形で、直接会わない社内の人の紹介することで、お客様にも安心しますし、ファンになっていただこう部署単位で行動しています。

―ありがとうございます!とても素敵な会社だというのがわかりますね!

 

幸せを運ぶ”てんとう虫”『LB(エルビー)』

―次に、御社のブランドについてお伺いしても宜しいでしょうか?
 御社のブランドができた、きっかけや背景、コンセプトを教えて下さい。

LBのブランドコンセプトは、”幸せを運ぶコスメ”です。

地域や国によって他の呼び名もありますが、ブランド名の「LB」は、「LADY BIRD」の略で「てんとう虫」を意味します。ブランドロゴのドット柄は、てんとう虫の半纏を意味しております。
古くからヨーロッパでは、てんとう虫が体に止まると幸せがやってくるという言い伝えがあり、幸せを運ぶ象徴として、てんとう虫をシンボルとしたロゴを掲げております。

その言い伝えのように、「メイクが上手くいった日の“誰かに見せたいキモチ”を偶然上手くいったではなく、LBを通して​必然的に引き出せるようになることで“幸せ”を感じて欲しい。」という想いがブランド名に込められています。

―なるほど!こちらの丸は、てんとう虫をシンボルにしているんですね。
 そんな想いが込められているとは知らなかったです。

 

トリプルプルーフ採用で擦れにも強い!
最も落ちにくいアイライナー

次に商品についてお伺いさせていただきたいのですが、
 このLBブランドは、どのくらいの商品点数があるんでしょうか?

アイメイク、ベースメイク、チーク、リップ、とフルメイクが出来るラインナップが揃っており、改廃されているものを含むと、現在115SKU(商品点数)ほどございます。

その中でも特に想い入れのある商品などはございますでしょうか?

2017年11月にリリースした”LBパワーオブアイライナー”ですね。

―この商品を開発するにあたって、こだわった点や特徴を教えてください。

この商品の特徴は、とにかく『落ちない』ことにこだわり抜いて開発をさせていただきました。

泣いてしまったり、汗をかいたり、瞬きをしたりなど、目元の化粧はやはり落ちやすいシチュエーションが多いです特にアイライナー はにじむ・消えるといったお悩むをお持ちの方が数多くいるかと思います。

この商品では開発する段階で本当に何やっても落ちにくいアイライナーを作ろうということをモットーに開発させていただきました。

―こういった商品を開発する時は、一つのテーマに絞って開発することが多いんですか

そうですね。

今の女性のメイクのトレンドであったり、競合他社の商品を分析したり、いろんな口コミサイト閲覧して、”これが売れている、あれが売れてる、こういうのがあったらいいな”など情報収集をして、開発するコンセプトを最初に決めて、それに合わせて容器だったり、処方とかを決めていくような形になっています。

上記のようなインターネット上での調査はもちろんですが、私たちが注力しているのはリアル店舗になるので、バラエティショップとかドラッグストアなどに行って、『目で見て、使ってみて、体感して』そこから商品を作っていくことを大切にしています。

―”落ちない”ということ以外にも、注力された点はございますか?

アイライナーにおいて「にじむ・消える」トラブルは、女性の大きな悩みだと思いますが、本商品は、この落ちないこと以外にも『描きやすさ』ということも注力しています。

目元周りの皮膚は薄くなっているので、目を書く時はシュッと書かないとブレて描きにくいから逆に肌の負担になってしまいます。そういった事を考えて、ペン先には腰が強いタイプ採用させていただいていて、繊細なラインをかけるようにしております。

女性がアイライナーを決める時のポイントになる『落ちない・描きやすい・にじまない』という要望を全部詰め込んだアイライナーになってます。

ちなみに、デザイン面での特徴などはございますか?

「感情に訴えかけるコスメ」がLBのデザインコンセプトにさせていただいておりますので、プチプラなのに高級感があるような黒を基調としたシンプルで洗練されたデザインが特徴です。

―逆に、この商品を開発に、苦労されたとか失敗した点はどういった点でしたでしょうか?

2017年に発売した前身のアイライナーが気圧の関係で、液漏れするとのご意見を何件か頂きまして、いかに液漏れをしないような容器に改善していくかを約2年程かけて改善した点ですね。

日常生活の使用だと全く液漏れはしませんが、海外にも持ち運びされるケースもございますので、頂いたご意見に紳士に耳を傾け、ゼロにしていけるかを日々努力しています。

―お客様の声に紳士対応して出来たのが、
 この”LBパワーオブアイライナーなんですね!

 

圧倒的安さなのに高品質!
自分磨きのメイクアイテム

かなりお値段もお安いですが、なにか秘訣などはあるんでしょうか?

1回の発注ロット数を増やしたりとか、様々なメーカーさんとご相談をさせていただき、パッケージ等の資材コストをいかに下げるかなども注力させていただいております。

―どういった層のお客様にご利用をいただいておりますか?
 今後、どういった方にお使いいただきたいですか?

20代の方中心に幅広い年齢の方々にLBを使用していただいています。

今後は小さな幸せを届けられるように、沢山の方々に使用していただけると嬉しいです。

―どういった所で売られているか教えてください。

全国のドラッグストアやドン・キホーテなどの店舗をメインに販売しています。
また、通信販売は海外法人もございますので、注力しております。

近くにショップがないなど、お店に足を運ぶことが出来ない方は、ネットショップで24時間どこでも購入をいただけるので、是非ご利用くださいませ。

 

―最後に本記事をご覧いただいているユーザー様へメッセージをお願いします。

例えば、「イイことがあった」とか、「この人に会うからちゃんとメイクしよう」とか、「今日ちょっと仕事で張り切りたいからこういうメイクしよう」っていう自分の中で切り替えをしたいタイミングがあると思います。

やっぱりメイクする時って自分の気持ちを切り替えるのに、一番いい機会だと思いますので、そういったタイミングで、その手助けや気持ちを上げてもらえる自分磨きのメイクアイテムの一つにLBが入ってくれればいいなって思います。

最新情報をチェックしよう!