BlancNeige(ブランネージュ) ATソープの開発秘話。赤ちゃんの全身にも使える、敏感肌のための濃厚保湿泡洗顔。

娘のアトピー肌をきっかけに、「健康な素肌でいてほしい」という、そんな母の愛情から誕生した「“BlancNeige(ブランネージュ)” ATソープ」をご紹介します。

世の中に、肌を通して、食生活や環境の大切さを提案し、成分と水にこだわって商品開発を行なっている 株式会社ユキコスメティックスの代表取締役 秋山様にお話をお伺いしました!!!

アトピー肌の娘達に、肌に優しいスキンケアをきちんと使ってあげたい。

― まずはじめに御社についてお聞かせください。
 御社の成り立ちや事業内容など、どのような会社か教えてください。

株式会社ユキコスメティックスは、今年で30周年を迎えます。

オリジナル化粧品「ブランネージュ」の企画・販売を行っており、自社オンライン通販と直営店「大丸心斎橋店」を運営しています。製品を百貨店や東急ハンズなどに卸し、理美容ディーラや個人経営サロンまたはショップなどへの卸しをおこなっております。

創業のきっかけは、子供3人が全員がアトピーだったことと、忙しい中で肌のケアをしていたのにも関わらず、シミで真っ黒な肌に悩んでいたことです。

当時は、まだアトピーという言葉もない時代で、「何が原因なんだろう、どうしたらいいんだろう」と毎日毎日考えていました。化粧品の原料やアトピーの原因と考えれらるものについてたくさん勉強もしました。

アトピーの原因として考えられるのは、食事・環境といった体内環境に関わることです。人間は動物であるわけですが、現代社会では自然では無いものがどんどん体に入る機会が増えてきています。知らないうちに、本来は体に要らないものが蓄積され、体のバランスを崩しまうことで健康を害してしまうことを知りました。

子供たちを健康な肌にしてあげたいと思い、「食事」についてもかなり気をつけましたが、肌に優しいスキンケアをきちんと使ってあげたいと考えるようになりました。

探し回っても理想とする化粧品は世の中になかったので、自分で化粧品を作ろうと思いました。

肌のシミについても勉強し、石油系は肌への負担が大きいので使用しない方がいいという事が今の私の意見です。最近は、オーガニックという言葉が広まってきましたが、「肌に良い結果を出すものではないとスキンケアとは言わない」と考えてまいます。

「健康に生きる」ことを提案するブランド。肌を通して食や土壌、環境を考える。

― 次に、御社のブランドについてお伺いします。
 「BlancNeige(ブランネージュ)」ができた、きっかけや背景、コンセプトを教えて下さい

「すべての人が健康で輝ける社会を」のビジョンのもと、

ブランネージュ化粧品と肌を通して、「健康に生きる」とはどういうことかをとことん考えて追求し、

  1. アレルギーやアトピーのない社会を目指す。
  2. 地球環境を守り、子供に明るい未来を残すために、肌を通して食を考え、食を通して土壌を考え、土壌を通して地球環境を考える。

この2つを私たちのミッションとして、SDGsの目標に取り組んでいます。

製品においては、肌や環境に負担となる成分は可能なかぎり不使用とし、

特に肝となる「水」は、ごく微量の有機物や細菌の死骸などの不純物を一切含まない水を使用し、環境に配慮しています。

― 不純物の含まない水は、やはり珍しいものなのでしょうか?

100%不純物を含まない水を「ピュアウォーター」と言います。

精製水をはるかに超える純度で磨き上げた「超純水」で、極微量の生菌や溶存酸素、さらには細菌の死骸を含む微粒子などの微量の不純物も除去されています。

こういう水でないと、なかなか肌に浸透することができません。

一般的に化粧品には、精製水が使われていると思いますが、数日で腐ってしまうと言われています。なので、何かしらの防腐剤の役割をする成分を高濃度で配合しているはずです。それが、肌に刺激になったり、肌が弱くて敏感な方にとっては負担になることがあります。

ブランネージュ化粧品では、医療分野で実用されている「三室型電解水」という特殊なお水も、エイジングケアのシリーズで使用しています。

ピュアウォーターも三室型電解水も、肌にとって優れていますし、地球環境にやさしいお水で、化粧品への使用は珍しいと言えます。

― 防腐剤みたいなものは、ほぼ入ってないのでしょうか?

製造の中では段階では入れません。ほんと微量ですが、キャリーオーバー成分といって表示しなくても良いとされる成分でも、原料屋さんのところで入っているのであればきちんと表示しています。

「肌に優しい」にとことんこだわった油の質と天然成分。

― ありがとうございます。次に商品についてお伺いさせて頂きます。
 「ATソープを開発するにあたって、こだわりや特徴を教えて下さい。

「天然成分であること」にこだわりました。

油の質は特に大切です。動物油、植物油、鉱物油とありますが、鉱物油は石油です。人間の肌に合う油を使った方がいいと考えて、動物油を使っています。塗る油分の質を間違えると、一気に刺激を受けて肌に負担がかかってしまいますので、油の質にはとことんこだわっています。

成分は、抗炎症作用・抗アレルギー作用の働きを期待して、黒砂糖・シソエキス・はちみつ・スイゼンジノリ多糖体(サクラン)を配合しています。

特に、「サクラン」がすごく良い成分で、藻であるため保湿力に優れています。「サクラン」は、油分での保湿ではなく、皮膜効果によって水分蒸発を防いで保湿することができます。

油分ではないもので保湿ができることは、肌が弱い方にとって本当にありがたい成分だと思います。

弊社では、これらの天然由来の成分を高濃度で配合しているため、液体が焦げ茶色をしています。同じ「サクラン」でも濃度が違うだけで体感も変わってきます。

天然成分でもモコモコの泡で洗顔してもらうために。

― 苦労されたはどういった点でしたでしょうか?

開発当初に液体で発売しましたが、成分が天然由来のため泡が立たず、使いにくいとのお声が相次ぎました。

「どうしても泡で洗えるようにしたい」と悩んでいた頃に、泡ポンプが世の中で初めて開発されたため、すぐにそのポンプを取り入れ、泡で出てくる製品となりました。

きちんとしたふわふわな泡にしたかったため、ポンプの中に入っている膜を改良して、良いレベルの泡になって出てくるようになっています。

合成の界面活性剤が入っていないのに、泡で洗いやすいというのがポイントです。

― この商品を開発には、どのくらいの時間がかかったのでしょうか?

2年かけて開発しました。

― どんなユーザーに使われていますか?使ってほしいですか?

赤ちゃんから大人までに使っていただいています。特に、ご家庭のある30-50代が多く、3世代に渡って使って頂いています。

肌で少しでも悩みがある方には使って欲しいです。洗うだけで必ず結果が出ます。

―全身に使えるのですよね?

メイクオフから全身に使ってもらえます。例えば、ボディの痒みや、頭皮の肌荒れでお悩みの方などにも、是非お使いいただきたいです。

ここまでのレベルのスキンケアはないです。

― こちらの商品は、どういった所で売られていますか?

弊社オンラインストア、百貨店や美容室、ママ向けのショップなどで売られています。

▼BlancNeige(ブランネージュ)公式サイト

http://www.blancneige.com/

ブランネージュ化粧品を通して、健康について考えてほしい

― 最後に、この記事を読んでいる方にコメントをお願いします。

お肌に悩んでいる方、一人一人の力になりたいという思いが一番にあります。

地球環境の悪化から、アトピーやアレルギーで悩む方が増えています。その影響をダイレクトで受けているのは、小さな子供たちです。

肌に見える症状から、体の中で起こっていることに目を向けて行くと食事が大事になってきます。そして、食品に目を向けてると土や空気など環境が大切なことに気づきます。「“健康に考えていくことは、地球レベルのこと”という価値観を持っていただきたいな」という願いを込めています。

ブランネージュ化粧品を通して、まずは食事について考えて頂いて、同時に環境のことも考え配慮していく大切さに気づき、一緒に考えていってくださる方の輪が、どこまでも大きく広くなる事を願ってやみません。

肌に悩みがある方に、ブランネージュ化粧品を何か1点でも良いのでお手にとっていただけましたら幸いです。

― ありがとうございました!

肌を美しくするには、環境まで考える重要性であることを取材を通して私も学びました。

成分はもちろん、油の質や水のお話をお伺いして、本当に「肌に優しいもの」に徹底していらっしゃっているのだなと感じました!

店舗では化粧品の販売だけではなく、何を食べているのかなど、一人一人の方にカウセリングをして、食事のことまでアドバイスをしていらっしゃるようです!

気になった方は、公式サイトでチェックしてみてください!

今回のプレゼント商品は、「“BlancNeige(ブランネージュ) ”ATソープ」を抽選で3名様にプレゼント★

詳しくは、下記Twitter内容をご確認ください。

最新情報をチェックしよう!