植物天然由来の成分がたっぷりな、ボタニカル化粧品ブランド「adem.U」のエメラルドソープの開発秘話

「OUR STORY」企業インタビュー、初の第一弾!!!!

今回は、植物天然由来の成分で作られている、ボタニカル化粧品ブランド、「adem.U」のエメラルドソープについて、開発者でもあり代表を務める梅田様にお話を伺ってきました!

肌本来のチカラでキレイになる、

肌が嬉しいナチュラルオーガニック

まずは、「adem.U」のブランドのコンセプトをお聞かせください。

「肌本来のチカラでキレイになる、肌が嬉しいナチュラルオーガニック」です。

肌本来の力(肌チカラ)を引き出す、医薬品でない天然由来の美容・美肌成分をたっぷり含んだ無添加基礎化粧品です。長年の研究により、美肌には人本来が持つ「肌チカラ」が深く関係していることに気づきました。「肌チカラ」を引き出すには「洗いながら与え、整える洗顔」が不可欠なんです。

ノニ石鹸と出会い。

肌そのものを美しくする植物のチカラ

ーそれを叶えたのが「エメラルドソープ」なのですね。

そもそもなぜ、オーガニックの洗顔石鹸を作ろうとしたのでしょうか?

ハワイやグアムで作られているノニ石鹸と出会ったことです。もともと肌が弱かった僕自身や母が、本当にノニだけで作ってるオーガニックのノニ石鹸を使用して、肌がみるみるキレイになる凄さを体感したことがきっかけでした。

それまでの化粧品ではお肌に合わなかったのですね。

はい。日本の商品でも、確かに洗った後に肌がしっとりするものなど良いものはあったのですが、肌そのものが強くなる実感はありませんでした。

もともと、肌が凄く弱く、自分自身が剃刀負けなどするタイプなので、髭剃りをすると、1〜3日赤いデキモノが出来てしまうことがありました。ノニ石鹸を使ったら、そういう症状が改善されたんです。肌そのものが強くなっていることを体感出来ました。

お母様はどのような症状だったのでしょうか?

体調や、季節の変わり目に肌荒れが凄くて、赤ら肌だったのですが、そういう症状が治りました。
そこで、「植物のチカラに惹かれて、植物の天然成分を使った洗顔石鹸を作ろう」という思いなりました。

きちんとに肌に届けたい

本当に良いモノの提供するために

次に商品についてお伺いさせて頂きます。

 商品を開発するにあたって、こだわりや特徴を教えて下さい。

本当に良いモノの提供です。他社さんでは、たまに誇大広告をしている部分があるのではと考えておりまして、実際に中に入っている成分が少量であったりすることもあり得ます。仮にですが、0.1%美容成分を配合しているだけでも、配合しているといえてしまいます。

その中で、adem.Uの商品は本当に60%以上の美容成分を配合しています。本当に肌に効果を及ぼすであろう成分量を配合させることを大切にしています

そんなに美容成分が多く入っているのであれば、ぜひ使ってみたいですね。他の商品との大きな違いなどは、他に何かありますか?

「酵母」を利用していることです。「酵素」をメインで作っている商品が多いのですが、adem.Uでは「酵素」の親の存在ともいえる「酵母」を取り入れています。

市場では「酵素」というのをよく見かけますが、

なぜ、「酵素」ではなく「酵母」だったのでしょうか?

「酵素」は、たんぱく質の一種で、熱や酸などにすごく弱い性質があります。それに対して「酵母」は微生物で、熱に強いのが特徴です。化粧品製造工程でも漏れることなく配合できると考えております。

「きちんとに肌に届けたいという想い」があったので、あえて、認知されている「酵素」ではなくて「酵母」の方を選定しました。あとは、美酒爛漫の酒粕の発酵エキスを利用していることでしょうか。

1つでトータルケアできる商品を開発するための道のり

ありがとうございます。次に、開発において大変だった部分などあれば、お聞かせください。

市場に出回っている商品は何か1つに特化している商品が多いです。例えば、毛穴を気にされている方は、泥や炭などを配合した石鹸ですよね。逆に保湿に重視しているところは、セラミドやビタミンC誘導体を押している石鹸があったりします。僕としては、「トータルでちゃんとケアしたいという想い」がありました。

毛穴汚れを気にされている方が、例えば、泥や炭などを利用した洗顔で改善されたとします。それで良しとする方もいらっしゃるかと思うのですが、毛穴がキレイになったから、次は毛穴を引き締めたいと考える方もいると思います。どんどん理想の肌が派生していくと思うですね。

であれば、最初から肌そのもそのをトータルでケアできる洗顔石鹸を作れないのかなと考えました。

コスパの面でも、時短にもなって効率良い洗顔ができると思うので、とても理想的であると思います。
実際に、開発においてどのくらい時間がかかったのでしょうか?

汚れを取る・潤いを与える・肌を整えるというトータルケアができる、自然由来の成分を厳選することにおいて時間をかけました。開発期間は、だいたい2年くらいはあるかと思います。

弊社のエメラルドソープは使用感にも凄く拘っていてます。というのも、やはり、使用感がよくないと継続して使用されないと思ってるんです。ねっとり、肌に吸い付くような、すごくキメの細かい泡ができます。合成の界面活性剤は一切入れておらず、植物由来のもを使用しています。

2年程の時間がかかったと仰っていましたが、一番時間がかかった工程はどの部分になるのでしょうか?

意外に、テクスチャーでした。「洗顔を至福の時間に変えたいという想い」がありました。洗顔が楽しくなるといいますか、泡パックが気持ちいいみたいな。

なので半年くらいはかかったと思います。泡の質感も微妙な配合量で変わってきます。

開発をサティス製薬さんと共同でされているとのことですが、なぜサティス製薬様だったのでしょうか?

共同開発する会社さんの選定にもかなり時間がかかりました。会社の理念に凄く共感出来たというのが大きいです。「1人でも多くの女性に正しい綺麗を」というのがサティス製薬さんの会社の理念です。

製薬会社さんの多くは、自社で化粧品を作っています。サティス製薬さんは、逆に自社ブランドを持ってないんです。作って欲しいっていう会社と一緒の作り上げていくことで、ちゃんとした良い商品をいろんなところにアプローチできる。

製造会社を選ぶ段階で、実際10社近くアポイントをとりました。4社で試作をしてもらったのですが、一番良いと感じたのもサティス製薬さんでした。

また、自社の製造の工場を持っているかということも気にしました。自社で製造の工場を持っていないパターンも複数あります。やりとりも直接ではなくなるので、商品に対しての意思疎通がなかなか取りづらいという懸念点もあったためです。

より美しいキレイな肌を目指せる洗顔石鹸

どんなユーザーさんに実際使って欲しいでしょうか?

「肌を美しくしたい全ての人」です。

美肌の定義ってそれぞれで違うじゃないですか。

男性なら、脂っぽかったり、毛穴の開いてたりするのを改善出来たら「美肌になった」と考える方もいらっしゃれば、女性だと肌荒れがなくなって、キメが整って、化粧ノリが凄くよくなったら、それが美肌になったって思う方もいらっしゃるかと思います。

敏感肌や肌トラブルで悩んでいる方々はもちろん、肌がきれいな方はより美しいキレイな肌を目指せる石鹸だと思っています。肌を美しくしたい全ての人」に向けた商品ですね。

かなり拘った商品であることが伝わってきました。気になった方が多くいらっしゃるかと思うので、商品の値段とどこで買うことができるのか教えてください!

値段は税別で3,200円です。現在、販売されているのは、山梨県内のセレクトショップとadem.Uのサイト、Amazonで販売してます。

公式サイト:https://adem-u.com/

「adem.U 」エメラルドソープ

Amazonはこちら

最後になるのですが、今後の展望についてお伺いさせてください

今現状、化粧水の開発に着手しています。年内にリリースしたいと考えています。オイルと化粧水の2層式化粧水です。

せっかく石鹸から始めた会社なので、今回はトータルケアの石鹸ですが、反対に何かに特化した石鹸の開発も考えています。例えば、デリケートゾーン専用の石鹸、ニキビ肌や毛穴用石鹸、足などの消臭に特化した石鹸などそういったものを作っていくのも面白いのかなと思っています。

今後の展開にも注目頂ければうれしいです。

ありがとうございました!

一度のケアで素肌美人を目指せる、「adem.U」エメラルドソープ。

気になる方は是非チェックしてみてください!!!

最新情報をチェックしよう!